不動産売却をした時の税金の種類は?税金の計算方法なども解説します‼



不動産売却時の税金は、複雑で難しいイメージがあるかもしれませんが、売却した時にかかる税金と売却に関する特例を把握することで、税金の負担を軽減できる可能性があります。

そこで今回は、不動産のみらい」が葛飾区・足立区を中心に、城東エリアの方に、不動産売却時にかかる税金の計算方法や特例の要件などを詳しく解説していきます。

不動産売却をお考えの方はぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。


不動産売却に関するお問合せはコチラから↓




【不動産売却をした時にかかる税金の種類】


不動産売却をした時にかかる税金は、主に以下の3つです。


1. 譲渡所得税


土地や建物を売却した時に、譲渡所得が発生します。譲渡所得とは、売却金額から取得金額と譲渡費用を差し引いた金額です。譲渡所得に対して、所得税と住民税が課税されます。


2. 印紙税


不動産売買契約書には、印紙税が課税されます。印紙税は、売買契約書の金額によって異なります。


3. 固定資産税・都市計画税


固定資産税・都市計画税は、毎年1月1日時点の所有者に課税されます。不動産を売却した場合は、所有期間に応じて按分して課税されます。




コチラの記事も読まれています|マンションの売却方法は?スムーズな売却をするためのコツを解説します‼





【譲渡所得税の計算方法】


譲渡所得税は、以下の式で計算されます。

譲渡所得税 = 譲渡所得 × 税率


譲渡所得


  • 売却金額 - 取得金額 - 譲渡費用

税率


  • 所有期間が5年以内: 短期譲渡所得税(所得税: 30% + 復興特別所得税: 2.1%、住民税: 約10%)
  • 所有期間が5年超: 長期譲渡所得税(所得税: 15% + 復興特別所得税: 1.05%、住民税: 約5%)



【譲渡所得税の節税対策】


  • 所有期間を5年以上にする
  • 3,000万円特別控除を利用する
  • 居住用財産の買換え特例を利用する

印紙税の計算方法


印紙税は、以下の式で計算されます。

印紙税 = 売買契約金額 × 0.4%


固定資産税・都市計画税の計算方法


固定資産税・都市計画税は、以下の式で計算されます。

固定資産税・都市計画税 = 固定資産評価額 × 税率


固定資産評価額


  • 土地の評価額 + 家屋の評価額

税率


  • 自治体によって異なる






【不動産売却でかかる税金を軽減できることも】

不動産売却にかかる税金を軽減できるケースはいくつかあります。

1. 所有期間が5年以上の場合

所有期間が5年を超える場合、譲渡所得税は短期譲渡所得税ではなく、長期譲渡所得税が課税されます。長期譲渡所得税は短期譲渡所得税よりも税率が低いため、税金を軽減できます。


2. 3,000万円特別控除を利用する場合

マイホームを売却した場合、3,000万円までの譲渡所得から控除を受けられる特例です。この特例を利用することで、3,000万円までの利益には税金がかかりません。


3. 居住用財産の買換え特例を利用する場合

マイホームを売却して、一定期間内に別のマイホームを購入した場合、一定の条件を満たすことで譲渡所得税を軽減できる特例です。


4. 譲渡損失が発生した場合

売却金額が取得金額よりも低い場合、譲渡損失が発生します。譲渡損失は、他の所得と相殺することで、納税額を軽減できます。


5. その他

災害などで家が被災した

高齢者や障害者で、住み替えが必要

借入金の返済のために売却が必要


上記のようなケースでは、税金の軽減措置がある場合があります。




コチラの記事も読まれています|不動産売却時のトラブルと対処法





【不動産売却をした時にかかる税金のシミュレーション】

不動産売却にかかる税金のシミュレーションは、以下の情報に基づいて行えます。

必要情報

売却予定価格

取得金額

取得時期

所有期間

譲渡費用

居住用財産の買換え特例の利用の有無

災害被災による損失の有無

その他の控除の有無


シミュレーション方法

・国税庁のホームページにある「譲渡所得税の計算シミュレーション」を利用する。

・不動産会社に依頼する。

・税理士に依頼する。


【シミュレーション例】

売却予定価格: 3,500万円

取得金額: 2,500万円

取得時期: 2018年1月1日

所有期間: 7年

譲渡費用: 50万円

居住用財産の買換え特例の利用: なし

災害被災による損失: なし

その他の控除: なし


計算結果

譲渡所得: 950万円

譲渡所得税: 142,500円

内訳

譲渡所得 = 売却予定価格 - 取得金額 - 譲渡費用 = 3,500万円 - 2,500万円 - 50万円 = 950万円

譲渡所得税 = 譲渡所得 × 税率 - 控除 = 950万円 × 15% - 0 = 142,500円

注意事項

上記のシミュレーションはあくまで概算です。

実際の税額は、個々の状況によって異なる場合があります。

詳しくは、国税庁や税務署に相談することをおすすめします。


【不動産売却にかかる税金の支払い期限は?】

不動産売却にかかる税金の支払い期限は、税金の種類によって異なります。

主な税金と支払い期限

譲渡所得税: 翌年3月15日

住民税: 翌年6月以降

印紙税: 契約時

固定資産税・都市計画税: 売却した年の1月1日時点の所有者に課税され、売却後の所有者へ按分して課税


詳細

譲渡所得税:

不動産を売却した翌年の確定申告で申告し、納税します。

納税期限は、翌年3月15日です。

詳しくは、国税庁のホームページ等で確認してください。


  • 住民税:

  • 不動産を売却した翌年の6月以降に納付します。

  • 納付方法は、自治体によって異なります。

  • 詳しくは、お住まいの自治体に確認してください。

  • 印紙税:


  • 不動産売買契約書に貼付する印紙税は、契約時に納付します。

  • 納付方法は、収入印紙を購入して貼付する方法と、電子納付する方法があります。

  • 詳しくは、国税庁のホームページ等で確認してください。


  • 固定資産税・都市計画税:

  • 納付方法は、自治体によって異なります。

  • 売却後の所有者へ按分して課税されます。

  • 不動産を売却した年の1月1日時点の所有者に課税されます。

  • 詳しくは、お住まいの自治体に確認してください。

その他

  • 不動産売却にかかる税金は、個々の状況によって異なる場合があります。
  • 詳しくは、国税庁や税務署、お住まいの自治体に相談することをおすすめします。



【まとめ】

不動産売却時には税金がかかりますが、あらかじめ軽減できる方法を把握しておくことで、税金の負担を軽減することができるかもしれません。

税金の計算や特例の要件について判断が難しい場合は、税務相談サービスなどを利用することをオススメします。


私たち不動産のみらいは葛飾区、足立区を中心に城東エリアの方の不動産売却のご相談を24時間受け付けております。
お気軽に無料査定をご利用ください。

査定依頼はコチラまでお気軽にお問い合わせください。



弊社へのお問い合わせはこちら





当店でお手伝いできること

エリア:葛飾区・足立区

業務内容:不動産売買仲介 不動産売却 住み替え 不動産売却時の不動産査定 不動産買取 相続に伴う不動産売却 離婚に伴う不動産売却 任意売却 住宅ローンの支払いが困難・滞った物件の売却 土地売却 戸建て売却 マンション売却 空き家対策 遠方からの不動産売却

福祉のみらい:足立区・葛飾区の身元保証

エリア:葛飾区・足立区

業務内容:身元保証(入院時の身元保証・施設や老人ホーム入居時の身元保証・賃貸物件契約時の身元保証など) 生活サポート(買い物同行や代行・病院付き添い・入院手続き・施設見学同行・各種手続きのサポートなど生活する上でのお困りごと全般のサポート) エンディングサポート(葬儀・納骨・死後の事務手続き・ 保険や年金の脱退手続き・遺品整理・相続手続き)

福祉のみらいの詳細はコチラをクリック↓

//fudosanmirai.jp/momioto_adachi/20230608130929/

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6662-5981

営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ