空き家を放置した場合のリスクは?

2024-03-28

空き家



近年、少子高齢化が進み空き家の問題が深刻化しています。
新築物件の人気高く、築年数の古い物件が空き家になってしまうケースが多いのです。

そこで今回は、不動産のみらい」が葛飾区・足立区を中心に、城東エリアの方に、空き家を放置してしまうとどうなるのか?などを解説していきます。
空き家を所有中の方は是非この記事を参考にしてみてくださいね。

不動産売却に
関するお問合せ・ご相談はコチラから↓




【空き家を放置するリスク】

空き家を放置すると、さまざまなリスクが発生します。

1. 資産価値の低下

空き家は、定期的なメンテナンスや修繕が行われないため、劣化が急速に進みます。

  • 雨漏り
  • 白アリ被害
  • 設備の故障

などが発生し、資産価値が大きく低下します。


2. 不法侵入や犯罪の温床

空き家は、人目につかず、監視もされていないため、不法侵入や犯罪のターゲットになりやすいです。

  • 放火
  • 窃盗
  • 不法投棄

などの被害が発生する可能性があります。


3. 近隣住民への迷惑

空き家から、

  • 害虫
  • 雑草
  • 悪臭

などが発生し、近隣住民に迷惑をかける可能性があります。


4. 行政指導や罰則

自治体によっては、空き家に対して、

  • 草刈り
  • 修繕

などの指導を行うことがあります。

指導に従わない場合は、罰則が科される可能性もあります。


5. 相続問題

空き家を持っている人が亡くなった場合、相続人が空き家の所有権を引き継ぐことになります。

相続人が空き家の管理に困り、放置してしまうケースも多くあります。




コチラの記事も読まれています|空き家の可能性⁉不動産をビジネスに生かす新しい道のご紹介‼





【空き家を放置して、特定空き家になった


場合は?】


空き家を放置して、特定空き家と認定されると、以下のようなデメリットがあります。

1. 固定資産税の増額

特定空き家と認定された場合、固定資産税が最大6倍に増額されます。


2. 行政代執行

行政から改善命令に従わない場合は、行政代執行により強制的に修繕や解体が行われる可能性があります。


3. 罰則

50万円以下の過料を科される可能性があります。


4. 売却や賃貸の難化

特定空き家と認定された家は、売却や賃貸が難化します。




コチラの記事も読まれています|空き家の固定資産税が〇倍⁉





【特定空き家にならないためにはどうする?】

  • ・定期的に巡回・点検を行い、適切な管理を行う
  • ・必要に応じて修繕を行う
  • ・空き家の売却や賃貸を検討する



【空き家を放置しない売却以外の方法】

空き家を放置しないためには、売却以外にもいくつかの方法があります。

1. 賃貸に出す

空き家を賃貸に出すことで、家賃収入を得ることができます。

2. 自分で住む

空き家を自分で住むことで、管理の手間と費用を省くことができます。

3. リフォームして売却する

空き家をリフォームして、価値を高めてから売却する

4. 寄付する

公益性の高い団体に空き家を寄付することができます。

5. 解体する

空き家を解体して、更地にしてから売却する



コチラの記事も読まれています|家の買い替えの流れ|売却と購入どちらが先?




【それぞれの方法のメリットとデメリット】

賃貸に出す

  • メリット
    • 家賃収入を得られる
    • 管理を任せることができる

  • デメリット
    • 入居者募集の手間がかかる
    • 家賃滞納のリスクがある

自分で住む

  • メリット
    • 管理の手間と費用を省ける
    • 思い出の家に住み続けられる

  • デメリット
    • 修繕費用がかかる
    • 引っ越しの手間がかかる

リフォームして売却する

  • メリット
    • 高値で売却できる可能性がある
    • 売却期間を短縮できる

  • デメリット
    • リフォーム費用がかかる

寄付する

  • メリット
    • 税制上の優遇措置を受けられる
    • 社会貢献できる

  • デメリット
    • 寄付できる団体が限られる

解体する

  • メリット
    • 維持管理の費用がかからない
    • 更地にして売却できる

  • デメリット
    • 解体費用がかかる

【空き家を活用する支援制度】

空き家を有効活用するための支援制度があります。主な支援制度はコチラです。

1. 空き家改修等支援事業

空き家を改修して、住宅や店舗、事務所などに活用する場合に、費用の一部を補助する制度です。

  • 補助対象
    • 空き家
    • 空き家を含む建物

  • 補助内容
    • 改修工事費
    • 設備購入費
    • 設計費

  • 補助額
    • 改修工事費の最大1/2
    • 最大100万円

2. 空き家バンク事業

空き家所有者と空き家を探している人をマッチングするサービスです。

  • 主なサービス内容
    • 空き家の登録
    • 空き家情報の検索
    • 相談
    • 見学
    • 賃貸借契約のあっせん

  • 利用料
    • 無料

3. 空き家相談窓口

空き家に関する相談を受け付ける窓口です。

  • 相談内容
    • 空き家の管理
    • 活用方法
    • 支援制度

  • 相談窓口
    • 市区町村役場
    • NPO法人
    • 不動産会社

4. その他の支援制度

  • 固定資産税の減税
  • 融資制度
  • 税制優遇措置

【支援制度を利用するメリット】

  • 費用負担を軽減できる
  • 専門家のアドバイスを受けられる
  • 空き家を有効活用できる
  • 地域貢献できる

【支援制度を利用するデメリット】

  • 申請手続きが煩雑
  • 審査基準を満たす必要がある
  • 補助金の交付までに時間がかかる




【空き家を売却するには?】

空き家を売却するには、以下の手順が必要です。

1. 不動産会社に査定依頼

複数の不動産会社に査定を依頼し、相場を確認しましょう。

2. 売却価格の決定

査定結果を参考に、売却価格を決定します。

3. 販売活動

不動産会社に販売を依頼し、インターネットやチラシなどで宣伝を行います。

4. 購入申し込み

購入希望者から申し込みがあったら、条件交渉を行います。

5. 契約締結

売買契約書を締結します。

6. 引き渡し

買主へ所有権を移転します。



【まとめ】
  • 空き家問題は、所有者だけでなく、地域全体にとっても課題です。
  • 空き家を放置せず、適切に管理することが重要です。
  • 自治体や専門家などの支援を活用しましょう。


私たち不動産のみらいは葛飾区、足立区を中心に城東エリアの方の不動産売却のご相談を24時間受け付けております。
お気軽に無料査定をご利用ください。

査定依頼はコチラまでお気軽にお問い合わせください。



弊社へのお問い合わせはこちら




みらいグループでお手伝いできること

エリア:葛飾区・足立区

業務内容:不動産売買仲介 不動産売却 住み替え 不動産売却時の不動産査定 不動産買取 相続に伴う不動産売却 離婚に伴う不動産売却 任意売却 住宅ローンの支払いが困難・滞った物件の売却 土地売却 戸建て売却 マンション売却 空き家対策 遠方からの不動産売却


一般社団法人 福祉のみらい

エリア:葛飾区・足立区

業務内容:施設紹介・身元保証(入院時の身元保証・施設や老人ホーム入居時の身元保証・賃貸物件契約時の身元保証など) 生活サポート(買い物同行や代行・病院付き添い・入院手続き・施設見学同行・各種手続きのサポートなど生活する上でのお困りごと全般のサポート) エンディングサポート(葬儀・納骨・死後の事務手続き・ 保険や年金の脱退手続き・遺品整理・相続手続き)

福祉のみらいの詳細はコチラをクリック

//fudosanmirai.jp/momioto_adachi/20230608130929/


一般社団法人 東京都社会福祉支援センター

エリア:葛飾区・足立区

業務内容:高齢者向けサービス全般・老人ホーム等の施設紹介・相続相談・死後事務・任意後見

東京都社会福祉支援センターの詳細はコチラをクリック↓

//fudosan-mirai.jp/real_estate_sell/20230907132921/

タグ一覧

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6662-5981

営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜日・水曜日

売却査定

お問い合わせ