不動産売却時に必要な書類!どのタイミングで必要?


 

不動産売却をおこなう際には、さまざまな書類が必要になります。
必要なときに書類が揃っていなくて不動産売却がスムーズにできなくなってしまう前に、事前に準備してスムーズに不動産売却ができるようにしましょう。
足立区、葛飾区を中心に城東エリアでの不動産売却をお考えの方はぜひご覧ください。

 不動産売却を行う前に必要な書類と取得方法 

まずは不動産売却をする前に必要な書類をご説明します。

パンフレット

不動産を購入したときに取得したパンフレットです。
パンフレットには建物の構造、築年月、間取りなどさまざまな不動産の情報が記載されているので、不動産会社は不動産売却用の資料をスムーズに作成できます。

住宅ローン償還表

不動産売却時には住宅ローン返済状況を把握する必要があります。
不動産会社からも確認されるので、不動産売却をする前には住宅ローン償還表を必ず確認しましょう。
住宅ローン償還表は、金融機関に問い合わせることで入手できます。

 不動産売却における契約締結時に必要な書類と入手方法 

次に不動産売買契約締結時に必要な書類をご説明します。

権利証(登記済証・登記識別情報)

その所有者が、登記名義人であることを証明する書類です。
紛失した場合には再発行は不可能ですが、事前通知による本人確認をおこなったり、有資格者へ代理人依頼して本人確認をおこなったりする方法で確認できるのでご安心を。

固定資産税納税通知書

所有者に課税される税金なので、契約締結時には買主との間で精算します。
毎年、市区町村役場から所有者に発行されています。

建築確認済証・検査済証

法令や条例をクリアしている不動産であることを証明したものです。
不動産購入時や建築時に取得する書類です。
この書類がないと買主が住宅ローンを組めなくなりますので注意してください。
紛失した場合には再発行は不可能ですが、市町村役場にて代わりとなる証明書の発行が可能です。

 不動産売却における決済時に必要な書類と取得方法 

固定資産税評価証明書

所有者移転登記の際に必要な書類です。
市区町村役場の窓口で取得するか郵送にて取得する方法があります。

登記関係書類一式

決済時に司法書士に所有権移転登記の依頼をするための書類です。
登記識別情報や、署名捺印した委任状が必要です。

 まとめ 

不動産売却にはさまざまな書類が必要であり、紛失している場合には入手しなくてはいけません。
手間と時間を要するので、余裕を持って事前に準備しましょう。
不動産売却は、実績のある地域の不動産会社に相談するのはもちろん、必要書類を準備しておくことでさらにスムーズに行えます。
事前準備をしてスムーズに不動産売却を進めてくださいね。

私たち不動産のみらいは葛飾区、足立区を中心に城東エリアの方の不動産売却のご相談を24時間受け付けております。
お気軽に無料査定をご利用ください。

査定依頼はコチラまでお気軽にお問い合わせください。

弊社へのお問い合わせはこちら

instagram始めました!!フォロー&いいね♡していただけると嬉しいです

   ↓   URLをクリック  ↓   

//www.instagram.com/fudosan_mirai/

ブログ一覧ページへもどる

まずはご相談ください!

03-6662-5981

営業時間
10:00~17:00
定休日
火曜日・水曜日

関連記事

売却査定

お問い合わせ